むさしの歴史

むさしの歴史

心和む自然のぬくもりと、 あたたかいおもてなし。

ここ紀伊半島には黒潮が近づき、海岸線はリアス式になっておりますので、回遊魚や磯の魚介類が豊富で種類の多い場所でもあり、旬の新鮮な食材を吟味し調理したお料理を提供させていただいております。

むさしの外観

また、1300年余の歴史を持つ「白浜温泉」は日本三大温泉地として知られ、
浴場は斉明湯と生絹湯の二つの源泉を使い分けており、露天風呂では生絹湯を掛け流しでご用意。
2つの天然温泉をご満喫下さいませ。

当館近くには外湯もあり、お気軽に浴衣がけで外湯めぐりもご堪能いただけます。

周辺には、日本一の梅の里で知られる「南部梅林」を始め、世界遺産に認定された熊野古道等、自然が豊かな地域です。

海の音、潮の香り、白浜のおいしい空気で、日々のお疲れを癒していただければ幸いでございます。

館主 沼田久博

錦水城跡の碑

慶長十一年(1606)、浅野氏が会津川河口左岸に港城として築いた錦水城(田辺城)。元和元年(1619)に、徳川御三家で、三万八千石の田辺藩主となった安藤直次が修築し、明治三年には廃城となりました。

そして、その城跡に現在のむさしの「前身」となる「旅館錦水」が開業しました。この旅館は、和歌山が生んだ博物学・民俗学の巨匠、南方熊楠がよく訪れた名旅館としても知られています。

後に、「旅館錦水」は白浜へ移転、昭和二十五年に「むさし」が継承することとなりました。
「錦水城跡の碑」は、錦水城築城の頃から浅野氏、安藤氏、そして「旅館錦水」から「むさし」へと伝わる石碑で、約400年経た今も、紀州和歌山の歴史を語る石碑として大切に守り伝えられています。

認定

むさしの外観
2001年11月、日本列島夕陽・朝日の旅 地域推進協議会から、日本の夕陽の宿・百選に選ばれました。
5つ星の宿
旅行のプロが選んだ「人気温泉旅館ホテル250選」に通算5回以上入選された旅館様が認定される、5つ星の宿にむさしが認定されました。
  • 5大予約特典
  • むさしの魅力
  • フォトギャラリー
  • 白良浜のムービーをチェック
  • 白良浜で繰り広げられるトライアスロン
  • むさしfacebook

総合人気No.1

客室タイプ別No.1

和邸

海が見える葵館

葵館

和モダン客室

楠館・橘館